『罪と罰』を読まない 三浦しをん 岸本佐知子 吉田浩美 吉田篤弘(著)


三浦しをん、岸本佐知子、吉田浩美、吉田篤弘の四人が

ドストエフスキーの名作「罪と罰」を読んでもいないのに

ぼんやりとしか知らない情報を記憶の底から絞り出し

あとは妄想と憶測に任せて推測だけで語ろうという

唖然とする斬新な読書会を開いた様子を書いた本…..

他の二人はともかく、BL大好き妄想作家の三浦しをんと

変な小説しか翻訳しない岸本佐知子が

(エッセイを読むと本人も相当変な人)

加わっているというだけで大爆笑になるのは当然である。

途中所々開いてみたページを一行だけ読んでヒントを得る

チャンスタイムが設けられていて、そこからの情報をもとに

四人の妄想は加速していくばかり。

本当は「罪と罰」、面白いんじゃないのか?と思わせてくれるほど

この座談会は一から十まで楽しい。

楽しすぎてもう「罪と罰」自体読まなくっても満足なくらいだ。

その後ちゃんと全員が「罪と罰」を読み、感想を語るので安心してほしい。

それにしても阿呆な企画が通ったもんだ。

ぜひとも同じようなバカげた本をどんどん出してくれたら嬉しい。

『罪と罰』を読まない [ 岸本佐知子 ]

価格:1,674円
(2017/1/31 01:21時点)
感想(0件)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


読書日記 ブログランキングへ