「一日江戸人」杉浦 日向子 (著)

江戸時代のことなんてさっぱり知らないから時代小説が楽しめないという方に朗報だ。

この一冊を読めばそれなりに江戸時代の生活と社会の成り立ちが

イラスト付きで詳しく解説されている本のなかでは一番優秀ではなかろうか。

この著者は惜しくもかなり若いお歳で亡くなったが、

漫画家としても活躍され、近年アニメ化された「百日紅」の原作者でもある。

ちなみに「百日紅」は葛飾北斎と絵師でもあったその娘に焦点を当てた作品だ。

彼女の江戸時代に関する知識は相当なもので

それにイラストで説明できるという力も加わって

江戸時代を知るための入門書としては肩肘張らずに読める一番の良書ではなかろうか。

これを皮切りにこれからどんどん杉浦氏の著書に親しんでもらいたいし、

江戸時代についての知識を楽しく学んでみて損はないと思う。

本書では時代別にみた浮世絵の美女の基準の移り変わりや

一般庶民の暮らしぶりから大奥や将軍の一日の様子など

余すところなく楽しく解説されているのはやはりイラストあってこその面白さ。

これを機に江戸の文化に触れてみるのもいかがだろうか。

江戸文化検定を受けてみるも良し、両国の江戸東京博物館に詣でるも良し。

この著者が気に入ったならば「江戸アルキ帖」もお薦めする。

一日江戸人 (新潮文庫)

新品価格
¥529から
(2017/3/6 10:56時点)

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


小説(読書感想) ブログランキングへ