毎日元気に本棚をギシギシ言わせている子羊の書評・読書感想ブログ。フランス文学多めです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 独り立ち子羊級

独り立ち子羊級

「有頂天家族」狸合戦ふはふは

「有頂天家族」 森見登美彦(著) 森見登美彦はほとんど京都を舞台にした小説しか書かない。 そしてアホでむさ苦しい大学生の話が得意だ。 今回はアホではあるが人間ではなく、毛深き狸達の物語だ。 京都は下鴨神社糺ノ森に住まう狸 …

「たまゆら」真面目そうな男達に女装をさせてみた件

「たまゆら」神蔵美子(著) ちょっと古い写真集なのだが最近、再出版され書店の店頭に並んだので オッと思って今回載せてみることにする。 神蔵美子の「たまゆら」は結構な御年令の著名人に ガチで女装を施した、写真集の中では異彩 …

「アニメーションの色職人」ジブリの色を支えた人

「アニメーションの色職人」  柴口 育子 、保田 道世(著) アルプスの少女ハイジ、赤毛のアン、未来少年コナン….. みんなが知っているアニメの色彩設計を担当したのは同じ方。 それこそ日本のアニメがモノクロだ …

「『罪と罰』を読まない」いかにして名作を妄想だけで語れるか

『罪と罰』を読まない 三浦しをん 岸本佐知子 吉田浩美 吉田篤弘(著) 三浦しをん、岸本佐知子、吉田浩美、吉田篤弘の四人が ドストエフスキーの名作「罪と罰」を読んでもいないのに ぼんやりとしか知らない情報を記憶の底から絞 …

「火星に住むつもりかい?」共謀罪とか怖すぎる…と内心思っている人へ

火星に住むつもりかい? 伊坂幸太郎(著) 魔女狩り。それは形を変えて現代にも存在している。 そんな社会になってしまった仙台が舞台のストーリーだ。 今回ご紹介するのが伊坂幸太郎の「火星に住むつもりかい?」 伊坂幸太郎の作品 …

« 1 2

プロフィール

NAME : ラムチョップ

物心つく前から読書漬けの毎日。 母国語は日本語で9歳からフランス語を習得。 毎回膨大な量の本を伴って、 引っ越し業者に忌み嫌われながら引っ越すこと24回目になります。

欲しい物リストあげてます。私の欲しい物リストよろしくお願いします。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.